おくやみの電報の文例を紹介Top >  弔電 >  弔電とは

スポンサードリンク

弔電とは

弔電とは、弔意を伝える電報のことです。

友人、知人、親戚など親しい人死去の知らせを受けた場合、
普通、お通夜や告別式に弔問に駆けつけます。

しかし、やむを得ずお葬式に参列できないときなどに、
喪主・親族に対して弔意をNTT電報などを使って、
電報を送ることでおくやみを述べたりします。

知らせを受け、参列できない場合には、すぐに弔電を出しましょう。
遅くとも、告別式の3時間前までに電報が届くように手配するのがベストです。

本人の関係者の場合は喪主宛に、
家族の関係者の場合は当の家族宛に届くようにし、
自宅か葬儀会場に弔電を送るようにします。

弔電は略式な上、あくまでも形式的なものというのが正直なところです。
あなたが生前お世話になった方や、大切な方であった場合には、
ご遺族と連絡を取るなどした上で、
出来るだけ早い時期に弔問するようにしましょう。

弔電の文章自体はNTTの弔電サービスのサイトや、
ハローページにおくやみの電報文例が掲載されているので、
そちらを参考にすると良いでしょう。
また、現在では文例に記載されている例文だけでなく、
自分の言葉を添えたり、電報の台紙を変えて、
より弔意を表すようなものにできます。


関連エントリー

おくやみの電報の文例を紹介Top >  弔電 >  弔電とは